All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■連載できる媒体を探しています ~編集者の方、注目!


 僕は雑誌ライターとしては、30回を超える長期連載はしないほうなんですが、『月刊 高校教育』(学事出版)や『月刊 生徒指導』(同)などの教育専門誌では、連載100回を超える記事を書いてきました。

 そして、次に100回を超えそうなのが、国際標準化機構=ISOの専門誌『アイソス』(システム規格社)で連載している『「社会起業家」を支援しよう! ~企業価値を高めるCSRのために』という記事です。

 まだ、次号で連載84回ですが、先日、この連載を依頼して下さった恩田昌彦・編集長と久しぶりに飲んで、「ぜひ100回を超えましょう」という言葉をいただきました。

 もちろん、続けますよ!

 技術は急速かつ多様に進化していて、ISOは国際的なビジネス面でもますます重要になるため、新聞やテレビ、ラジオ、雑誌の報道関係者は、恩田編集長にISOの運用や最先端技術などに関してコメントしてもらうといいと思います。

 資源のない日本にとっては、国際的な技術を運用しながら商品・サービスを作っていくのがお家芸なので、ISOのような国際標準にくわしい恩田さんには、今後ますます活躍してほしいです。

IMG_1075.jpg
(※右が「アイソス」編集長・恩田昌彦氏、左が僕=今一生)

 『アイソス』は、ISO専門誌なので、主に技術畑の企業が年間購読し、社員が社内で読む雑誌です。

 でも、僕は技術畑の出身者ではないので、ISOにもガイドラインのあるCSR(企業の社会的責任)の観点から、ソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスの事例や考え方をわかりやすく書いています。

 もともとは、難しい技術系の記事がメインの同誌の中にあって、逆に読みやすくわかりやすく柔らかい記事を心がけたのですが、今では同誌で一番長い連載記事になっていて、僕が公開イベントをやると愛読者の方から声をかけられたり、Facebookに友だち申請をいただくまでになりました。

 一方、冒頭で書いた教育専門誌は、こちらからの売り込みで決まった連載ですが、実はこれも『アイソス』と同様に、僕以外の連載の多くは、教育専門家が書いていた雑誌だったんですね。

 そこで、僕は専門家が見えない「学校の外の子どもたち」をコンセプトにした連載企画を持って行ったのです。

 学校では「問題のない優秀な子」を演じている10代が、ネットではどんな本音を書いているのか?
 家庭では「親を安心させる良い子」を演じている中高生が、友人にも言えないどんな相談を僕によこすのか?

 ストリートにいる家出少年や、ひとりカラオケでリストカットをしている少女、ゲイでもないのに中年男と売春する10代など、教育の専門家や研究者では見えてこない、10代の泥臭い現実を僕の取材によって10年以上前から浮き彫りにしていたのです。

 要するに、スキマ産業のように、その雑誌ではまだ描かれていない現実を描ける媒体を、僕は探して仕事してきたんですね。
 それは、今でも同じです。

 他の人が書きそうなことは、僕の仕事ではありません。
 むしろ、編集者が目をつけていない切り口や、他のライターでは書けないネタで仕事をしたいものです。

 ここ10年は、ソーシャルデザインや社会起業(ソーシャルビジネス)、CSRといった社会貢献について取材してきましたが、社会都市民を考えることは、ビジネスや労働、就職や貧困、文化や経済など、関心の分野が広範囲になります。

 今後も、雑誌や新聞、オンラインなどで連載していくと思いますが、最近は以下のようなことを考えてます。

★ビートルズが現代に通じる多くの社会的課題を50年前に歌っていたこと(歌詞を自分で訳してます)
★公開イベント批評(イベントを批評の対象にすることで費用対効果と有益化を図りたい)
★マンガ原作(売れ行き不振のままのマンガ雑誌を元気にしたい)
★海外への移住の実態と移住ノウハウ(既に日本人の1%が海外で暮らしている)
★若い世代のソーシャルデザイン・ソーシャルビジネス・ソーシャルアクション

 上記のようなことに関心のある編集者の方は、ぜひメールでお声かけください。

 なお、僕の最新刊『よのなかを変える技術』は、買うだけで寄付になるだけでなく、著者に1時間無料でソーシャルデザインについて相談する権利が得られます(※詳細は本書の該当ページを参照)。

 また、NPO活動を始める方で、ソーシャルデザインのさまざまなスキルを格安で学びたい方は、日本財団ビルで8月14日に行われるサマー・セミナーを受講してみてください。
 僕も、このセミナーで「社会的弱者と一緒にかせぐ仕組み」の講師を務めます。




 上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

スポンサーサイト

■「ハタチ基金」に自著本の印税から寄付しました Part2 ~証拠写真付き


 2013年に、僕(今一生)は、拙著『ソーシャルデザイン50の方法』(中公新書ラクレ)の印税の10%(=定価の1%)を、「ハタチ基金」に寄付しましたが、今年は最新刊『よのなかを変える技術』(河出書房新社)の印税の10%を寄付しましたので、報告します。

IMG_1071.jpg
(左から、ハタチ基金事務局の嘉数菜利子さん、筆者=今一生、NPOカタリバ代表の今村久美さん)

 「ハタチ基金」は、3・11当時に0歳だった被災地の子が20歳になるまで支援しようという遠大な計画の基金です。

 20年間も支援するという責任はかなり重いでしょうし、その間に寄付金が集まらなくなったり、そのために事務局の運営が成り立たなくなるようなことがあっては困ります。

 しかし、3・11から5年目の今年、人々は既に震災の話をほとんどしなくなりました。
 今後5年後、10年後を見通せば、震災の記憶は人々の間から確実に薄れ、寄付金がどんどん目減りしていくことが懸念されます。
 これから大きくなる子にとっては、教育費・教材費、日常の衣食住の生活費など、フツーに生きていくだけでもお金がかかることは、親御さんならどなたでも理解できるはず。

 僕は、国民の一人一人が無理のない範囲で継続的に「ハタチ基金」へ寄付を続けてほしいと思います。

IMG_1074_convert_20150730215338.jpg

 僕がこうした寄付に関する事後報告をするのは、「印税からの寄付」に賛同して僕の本を買ってくれた人に対して説明責任を果たしたいからです。

 このように、本の著者や、CDを販売するミュージシャンが、印税から寄付することを増やしたいです。

 そのためにも、寄付金がいくらで、どこに寄付され、受取先にはどんな人がいて、何に使われるのかについて、きちんと説明できる情報公開が大事だと思います。

 また、寄付をすることによって、寄付先の団体に対して発言力を持つことにもなるため、「もっとこうした活動をしてほしい」とか、「他にももっと有効な使い道があるはずでは?」という提案を堂々と言えるというメリットもあります。 
 
 寄付に対する信頼度を上げるためにも、そのように発言する寄付者を増やすと同時に、僕のように「買うだけで寄付になる商品」を作る人の商品を、寄付先の団体に大々的に宣伝してほしいと思います。

 寄付金が欲しい団体が、「買うだけで寄付になる商品」を公式サイトのトップで紹介しておけば、僕より有名な作家やミュージシャン、大企業なども、こぞって新刊や新譜、新商品のプロモーションに使いたがるでしょう。

 そうすれば、寄付自体への信頼度も上がり、寄付金を継続的に調達でき、より多額の寄付金を集めることが容易になります。

 なので、僕は寄付文化を定着させるためにも、自らお金を出して、寄付先の団体に寄付者へのリターンについて厳しく注文をつけ、実際にその団体が改善するかをネット市民と一緒に見守りたいと思うのです。

 今回、僕が印税の一部を寄付した最新刊『よのなかを変える技術』は、買うだけで寄付になるだけでなく、著者に1時間無料でソーシャルデザインについて相談する権利が得られます(※詳細は本書の該当ページを参照)。

 なお、NPO活動を始める方で、ソーシャルデザインのさまざまなスキルを格安で学びたい方は、日本財団ビルで8月14日に行われるサマー・セミナーを受講してみてください。




 上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~7・7ロフトプラスワンWEST イベント

 2015年7月7日、大阪のロフトプラスワンWESTで「おもろいヤツがよのなか変える」と題したイベントを行った。
 その模様を、出演順に動画で紹介していこう。

 「よのなかを変える」活動の仕組み(ソーシャルデザイン)を具体的な事例で説明しているので、わかりやすいはずだ。


■特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティ
(多様性に配慮した社会を作る団体)




■泉州・精神障害者倶楽部・青い鳥
(2016年4月1日施行の「障害者差別解消法」を必要としないまちを共に作り上げるのが目標の団体)




■NPO法人 SEG(ソーシャルエンタープライズグループ)
(両親がろう者の代表が、筆談対応な店を増やす)




■NPO法人 ラブファイブ
(保護権カフェを通じて動物殺処分ゼロを目指す)




■元「高校生社長」・小幡和輝
(和歌山の地域活性を通じて日本を変える)




■Swash(スオッシュ)
(セックスワーカーの職場環境を当事者ニーズに基づいて改善する団体)



 なお、このイベントでは、ろう者向けに手話通訳をQちゃんが約4字j刊ぶっ通しでやってくれた。
 手話通訳の依頼は、ぜひQちゃんにお問い合わせを。

 Qちゃんは、虹組ファイツというアイドルグループの一員でもあるので、応援してほしい。


11693996_10204983191475488_8472750347202827191_n.jpg
(※後列の左から2番目にNPO法人Homedoorの代表・川口加奈さんがいますが、同法人の都合により動画は公開されません)

 社会的課題の多いこの社会を生きづらいと感じるなら、政治や行政に文句を言っているだけでは始まらない。
 民間で市民自身が自分たちの手で課題解決できる仕組みを作るソーシャルデザインについて、もっと知ってほしい。

 拙著『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)や、『ソーシャルデザイン50の方法』(中公新書ラクレ)などを読んで、できることから始めてみてほしい。

 そして、最新刊『よのなかを変える技術 14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)をぜひ早めに読んでみてほしい。

 いま、日本にも世界にも、生きづらい人たちがいっぱいいる。
 でも、生きづらさを抱えている個人へのケアだけを続けていても、生きづらさは変わらない。
 彼らを生きづらいままにする「よのなかの仕組み」があるからだ。

 ソーシャルデザインとは、生きづらさをもった当事者自身がありのままの自分でも生きづらくなくなる「よのなかの仕組み」を作り出すことにある。

 そうしたソーシャルデザインは、世界中で試み始められている。
 すでに成果を出している団体もあれば、発展途上の団体もある。

 しかし、大事なのは、生きづらさを持つ当事者を一方的に支援するような従来型の「支援」ではなく、当事者自身のニーズ(要望)に基づいて、当事者満足度の高い活動をすることによって、「よのなかの仕組み」を変えていくことにある。

 それは、政治や行政では満足に解決できない社会的課題がたくさんあることを示している。
 同時に、政治や行政に文句を言っても変わらないことは、民間で市民自身が変えていける希望も意味している。

 自分たちは、どんな社会に暮らしたいのか?
 それを想像するなら、その社会を自分たちの手で作り出せばいい。
 そして、そう考えて動き出してる人たちが増えている現実を、多くの人に知ってほしい。




 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■7月7日の夜、大阪ミナミのロフトプラスワンWESTで『よのなかを変える人』たちと一緒に飲もう!


 民間で市民自身が今より生きやすい「よのなかの仕組み」を作り出すソーシャルデザインについて知りたい方は、以下のイベントに足を運ぼう!

 予約が始まっているので、お早めにチェック(※車椅子利用者も入場OK)。

■7・7夜 大阪でソーシャルデザイン「よのなかを変える人たち」(←クリック)
7-7west.jpg
 7月7日(火) 開場 PM6:30 開演 PM7:30~PM10:30/大阪ミナミ ロフトプラスワンWEST
(※Googleに日本一に認められたホームレス支援、LGBT、動物殺処分ゼロなどの団体が集合)

 大阪~関西エリアの方々に、このイベントを面白がってもらいたいので、出演者たちの一人=小幡和輝くんが以前にトークイベントに出演された際の動画を下記にお見せします。



 大阪では、小幡くんの最新の事業活動や、彼の周辺のより若い世代の動きまで、根掘り葉掘り聞く予定です。

 このイベントを広報したいので、下記の僕のツィートをRT(リツィート)していただけると、うれしいです!



 このイベントの主催者の僕が早稲田大学で講義した「ソーシャルデザイン白熱教室」の動画も面白いですよ!



 6月に行われた「おもろいヤツが、よのなか変える 東京版」は、下記をご覧ください。



■7・7夜 大阪でソーシャルデザイン「よのなかを変える人たち」(←クリック)
777.jpg
 7月7日(火) 開場 PM6:30 開演 PM7:30~PM10:30/大阪ミナミ ロフトプラスワンWEST
(※精神障がい者の地域活性、ろう者のバリアフリー、セックスワーカーの職場環境改善などの団体も大集合!)

 ソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスについて予習したい方は、下記の本を読んでみて!



 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。

 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■社会起業家・養成ゼミ TOKYOの講義の動画20本を全公開 ~ソーシャルビジネスを学ぼう!


 2012年10月~2013年3月末、ライター・今一生が東京都内の教室で開催した「社会起業家・養成ゼミ TOKYO」の講義の動画20本を、ゲスト講師(団体)別に紹介します。
(※青い文字の団体名をクリックすると、Youtubeに飛びます)

 社会を変えるソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスについては、下記リンクをご参照ください。
http://conisshow.blogspot.jp/2015/05/yonokae.html


【社会起業家・養成ゼミ TOKYO 講義の動画リスト】

■ShuR(シュアール) 聴覚障がい者と聴者の対等な社会を創造
■ケアプロ 「ワンコイン健診」で日本の医療費を減らす
■AsMama 地域で子育てを頼り合える仕組みを作る
■テミル 障がい者の工賃を「仕組み」を変えて増やす
■Over the Rainbow 「ガールズが社会を変える」世界を作る
■PEER(ピア) 格安かつらで「がん患者」の困りごとを解決
■ワークスみらい高知 障がい者の賃金を健常者並みに引き上げる
■K.K.C となりのかいご 高齢者虐待を減らす介護の仕組みを作る
■西粟倉村・森の学校 地域資源で「村のお客さん」を作り出す
■エコブランド 山間地の地域活性化をマネジメントする
■ホワイトハンズ 新しい「性の公共」を作る
■NPO法人Check 誰もが不自由なく外出できる社会を作る
■ARUSHA(アルーシャ) 難民を自立させるネイルサロン
■SHOKAY 少数民族との格差問題を解決する仕組み
■NPO法人 Newsed Project 廃材を高付加価値の商品にする
■音力発電 エネルギーの地産地消と、エネルギー・ハーベスト
■ライフネット生命 若い世代の保険負担を減らす
■マイアース・プロジェクト ゲームでエコ知識を楽しく分かち合う
■マイリングHR NPOの人件費をクラウドファンディングで調達
■Dream Girls Project アジア途上国女性の夢を叶えるために


 彼らの活動に関してまとめて読みたい方は、下記の書籍をお読みください。




 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。

 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に月収20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。