All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■『ソーシャルデザイン50の方法』を買って、3・11の被災孤児を助けよう!


 政治に頼らず、民間で市民自身が社会を変えた事例を豊富に紹介した本『ソーシャルデザイン50の方法』(中公新書ラクレ)の「はじめに」と「目次」が、Facebookで公開されている(このリンク)。

 日常的に社会を変えていく方法から、福祉・環境保護・途上国支援・被災者支援、脱原発のための有効なアクション、ソーシャルビジネスまで、全国各地で社会を変える取り組みの事例を紹介しています。

1012215_530965426968771_251248785_n.jpg

 twitterユーザの方は、ぜひ下記のツィートをRTしてくださいな。


 書店でお取り寄せしたい方は、このリンクをクリック(※プリントアウトの上、書店へご持参ください)。

 この本は、ソーシャルデザイン関連本で一番安いのに、事例が豊富に詰まっている本です。
 すでに読まれた方の感想が、以下のようなブログ記事に上がっています。

●半分 世間に背を向けて生きる
●ホワイトハンズ開発日記
●厳選! オススメビジネス書、ビジネスセミナー、学習メソッド

 内容を気に入ってもらえたら、ブログ記事をtwitterで拡散させていただきますので、お知らせください。

 また、書店でこの本を見つけたら、写メを撮って著書の僕まで知らせてくれると、うれしいです!
conisshow@gmail.com
twitter@conisshow

 お礼に1万5000人のフォロワーがいる僕のtwitterでフォローしたり、facebookなどでも紹介させていただきます。

 ご購読の方は、お気軽に感想文をお寄せくださいな。
 楽しみにお待ちしています。

 なお、この本は、印税の10%(=本体価格の1%)がハタチ基金に寄付されるため、売れれば売れるだけ、その寄付金によって3・11の被災孤児の支援活動が広がります。

 ソーシャルデザインの事例を819円(税込)という安さで学べるだけでなく、買うだけで子どもたちの将来を明るくするお手伝いができるので、ぜひお友だちにも勧めていただければ、ありがたいです。



■7月29日夜、「取材される技術」が学べる広報セミナー(実践編)

 ちなみに、ソーシャルビジネス、ソーシャルデザインなどをテーマにセミナー・講演イベントを開催したい方は、お気軽にお招きください。

★今一生への講演依頼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■講師が全員「社会起業家」の講義録に関心のある方は、こちら
■NPOと協働してビジネスを活性化したい企業経営者は、こちら

■社会問題を取材する人に経費を補助する基金に関心ある方は、こちら
■本の出版を考えている個人・法人の方は、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」を押していただけるとうれしいです!

スポンサーサイト

■公式サイト、絶賛デザイン中!


 公式サイトを久しぶりにデザインしなおすために、いろいろ工事中です。
 新しいデザインはBloggerからそのままパクろうと思ってます。
 こんな感じで。

 とりあえず、この記事にこれまでの僕の社会貢献アクションに関するサイトをまとめてリンクしておきます。

【今一生の社会貢献サイト】

社会起業家・県別リンク集(2010~)
社会起業支援サミット(2008-2010)
匿名相談(期間限定)
『東北産』を選んで買って、被災者を元気に!(2011年~)
学術書チャリティ(2012~)
社会起業家・養成ゼミTOKYO(2012-2013)
環境問題啓発アイテム
痴漢撃退アイテム

 なお、7月の僕(今一生)は、以下のような活動をしてます。

■新刊『ソーシャルデザイン50の方法』、予約販売スタート(目次を発表)

■7月26日(金)イケダハヤトさんとトークライブ ~6・30まで予約すれば割引

■7月22・29日夜、「取材される技術」が学べる広報セミナー

 ちなみに、ソーシャルビジネス、ソーシャルデザインなどをテーマにセミナー・講演イベントを開催したい方は、お気軽にお招きください。

★今一生への講演依頼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■講師が全員「社会起業家」の講義録に関心のある方は、こちら
■NPOと協働してビジネスを活性化したい企業経営者は、こちら

■社会問題を取材する人に経費を補助する基金に関心ある方は、こちら
■本の出版を考えている個人・法人の方は、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」を押していただけるとうれしいです!

■7月26日(金)イケダハヤトさんとトークライブ ~6・30まで予約すれば割引


 『旗を立てて生きる――「ハチロク世代」の働き方マニュフェスト』(晶文社)を出版したイケダハヤトさん。
 『ソーシャルデザイン50の方法 あなたが世界を変えるとき』(中公新書ラクレ)を7月10日に出版する今一生。

 7月26日(金)夜、イケダハヤトさんと一緒に新刊の出版記念イベントを行います。
 6月30日までにメールで予約すると、入場料が当日500円割引になるので、お早めにご予約を(※予約ナシでも入れます)。

■イベントタイトル
 イケダハヤト meets 今一生
 「問題は、僕らの資産 ~未来を開くために」


●イベント内容
 プロブロガー・イケダハヤト氏と、フリーライター・今一生氏が、出版記念イベントとして初顔合わせのトークライブ。
 お互いの本を出した理由、なぜ若い世代ほどソーシャルアクションに関心があるのか、ものかきとして僕らが「ソーシャル」にこだわる個人的ストーリー、最新の関心事、などについて話します。
(※ご来場の皆様からの質問にもお答えします)

●対象:こういう方はぜひご参加ください
 ○ソーシャルビジネス・CSR・社会貢献に関心のある方
 ○ふつうの働き方・生き方に疑問を感じる学生・社会人の方
 ○その他、今よりもっとワクワクできる何かを求めている方

●日時:2013年7月26日(金)18:30オープン/19:00開始/21:00 終了予定
    ※お時間のある方は、21時以後、会場付近で飲み会に参加できます

●定員:50名

●参加費:2500円(税別)
 早期申込割引(6/30まで):2000円(税別) →予約受付からメール予約すると、当日割引
 クラブS会員特別価格:サンクチュアリ出版年間購読会員 割引価格2000円(税別)
 ※イベント参加もお得なクラブSとは? →http://www.sanctuarybooks.jp/clubs/

●予約受付:下記リンクから(※6月30日まで。定員になり次第、予約終了。ご予約はお早めに!)
https://docs.google.com/forms/d/1cQU1-fGJVxUKO9CeH_UEQ1-Jd903CUj5SC6vU4Hl-ck/viewform
 ※上記のフォームからお申し込みできない方は、pr@sanctuarybooks.jp(サンクチュアリ出版・高山あて)まで名前・メールアドレス・電話番号・参加人数を明記の上、「7/18(木)イベント参加希望」という件名にてメールください。
お申込みいただきました情報はサンクチュアリ出版とイベント主催者にて共有させて頂き、イベント情報の連絡に使用させていただきます。

●会場:サンクチュアリ出版1Fイベントホール
http://www.sanctuarybooks.jp/company/profile11.php
 株式会社サンクチュアリ・パブリッシング(サンクチュアリ出版/広報担当:高山)
 渋谷区千駄ヶ谷2-38-1 TEL03-5775-6500
map-sendagaya.jpg

●交通案内:JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分/国立競技場駅 A4出口より徒歩7分/北参道駅出口2より徒歩5分

●問い合わせ先
 株式会社サンクチュアリ・パブリッシング(サンクチュアリ出版/広報担当:高山)
 TEL03-5775-6500
 Mail:pr@sanctuarybooks.jp

●その他
 このイベント案内の公式ページは、以下の通り(※予約できます)
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=632

●参加特典
 当日会場では、イケダハヤト氏、今一生氏の新刊本を購入できます。
 著者サインをご希望の方は、ペンをご持参ください。
(※既に本を購入済みの方にもサイン致します)

●出演者プロフィール

○イケダハヤト
 1986年生まれ。プロブロガー。
 新卒で入社した大企業を11ヵ月で退職。転職先のベンチャー企業も13ヵ月で辞め、社会人3年目にフリーランスとして独立。ソーシャルメディアコンサル事業を立ち上げ。
 2011年4月、NPO支援、ライター活動により多くの時間を割きたくなり、フリーランスに。
 「テントセン」という名前でNPOマーケティングを支援するプロボノ集団を作る。
 2012年4月からは、育児に時間を割くべく「プロブロガー」として広告収入、アフィリエイト収入で生活。
 ソーシャルウェブ、若者の価値観、これからの働き方などについて、ブログ「ihayato.書店」で情報発信を行っている。
 著書に、『年収150万円で僕らは自由に生きていく』(星海社新書)、『武器としての書く技術』(中経出版、)『フェイスブック 私たちの生き方とビジネスはこう変わる』(講談社)など。
《公式サイト》www.ikedahayato.com

○今一生
 1965年生まれ。フリーライター、編集者。
 1997年に親から虐待された当事者による体験告白集『日本一醜い親への手紙』3部作をCreate Media名義で編集、文庫版も含め30万部のベストセラーに。
1999年に被虐待児童とDV妻が経済的かつ合法的に自立するための支援本『完全家出マニュアル』(同)を発表。
 そこで造語した「プチ家出」は流行語に。
 自殺の取材を15年間続け、当事者の問題を解決につながる社会起業に関心を持ち、2007年東京大学でソーシャルビジネスの自主ゼミを1年間担当。
 2008年から2010年まで、「社会起業支援サミット」というイベントを全国27都道府県で開催。
 昨年秋から半年間は、「社会起業家・養成ゼミTOKYO」を主宰し、20名以上の社会起業家の講義をUstreamで無料公開。
 著書に、『プライドワーク』(春秋社)、『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)など、編著に『子どもたちの3・11』(学事出版)、『酒鬼薔薇聖斗への手紙』(宝島社)など多数。
《公式サイト》www.createmedia.co.jp

●新刊プロフィール

 ○『旗を立てて生きる――「ハチロク世代」の働き方マニュフェスト』(イケダハヤト・著/晶文社)
 お金のために働く先に明るい未来は感じられないけど、問題解決のために働くのは楽しい。課題を見つけたら、ブログやツイッターを駆使して、自分で旗を立てろ! あたらしい仕事はそこからはじまる。
 不況や低収入はあたりまえ。デフレネイティブな世代から生まれた、働き方・生き方のシフト宣言!

ikedaX.jpg
 目次は、コチラ

 ○『ソーシャルデザイン50の方法 あなたが世界を変えるとき』(今一生・著/中公新書ラクレ)
 あなたが切実に困っていて、ほかのみんなも困っていたら、それが社会問題(社会的課題)。
 この本は、そうした社会問題を解決する仕組みを豊富な事例を紹介し、社会貢献活動のハードルを下げます。
 事例は、高校生できるソーシャルアクションから、社会人のソーシャルビジネス、脱原発の活動の効果の最大化の方法まで、環境保護・福祉・途上国支援・被災者支援などの分野ごとに紹介。

461social design
 目次と予約販売サイトのリンクは、コチラ


 リツィートしてくださると、うれしいです!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■講師が全員「社会起業家」の講義録に関心のある方は、こちら
■NPOと協働してビジネスを活性化したい企業経営者は、こちら

■社会問題を取材する人に経費を補助する基金に関心ある方は、こちら
■本の出版を考えている個人・法人の方は、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」を押していただけるとうれしいです!

■新刊『ソーシャルデザイン50の方法』、予約販売スタート(目次を発表)


 今一生の新刊『ソーシャルデザイン50の方法 あなたが世界を変えるとき』(中公新書ラクレ)が、7月10日に発売されます。

 この本は、簡単にいえば、日本全国で行われている社会貢献の実例ストーリー集です。
 「ソーシャルデザイン」とは、社会をより良くする活動のこと。

 僕は、社会貢献の活動のハードルを下げるためにこの本を書きました。
 といっても、社会貢献とか、ソーシャルデザインは、とても抽象的で不明瞭な言葉です。

 なので、この本ではその実例を豊富に紹介することによって、社会をより良くするにはさまざまな仕組みがあること、そして高校生以上ならサラリーマンはもちろん、高齢者も社会貢献に気軽に参加するチャンスが身近にあることを伝えたいと思いました。

 既に、以下のネット書店で予約販売が始まっています。

★Amazon
★楽天
★e-hon
★セブンネット


 iPhoneなどのスマフォでご覧の方は、下記のバナーをクリック!



 以下、本書の目次です。

はじめに ~世界を変える「仕組み」を知ろう 

第1章 日常的に世界を変えていく方法 
●仕事の社会的価値に気づく ~塗るのが仕事ではない塗魂ペインターズ 
●CSR活動に参加する ~NPOとの協働からコンパッションへ 
●学びを社会化する ~高校生から社会を変える方法を学ぶチャンス 
●プロボノやNPO活動に参加する ~職業技術や時間を寄付 
●空きスペースを無償で貸し出す ~異文化どうしがつながるシェアの発想 
●不要品は寄付する ~社会問題を解決する活動を支援できる古物商 
●寄付つき商品を作る ~売上の一部を寄付するだけで見込める売上増 
●社会貢献グッズの専門店で買う ~お買い物で世界を変える方法 

第2章 環境保護 
●不用品の価値に気づく ~使用済みの食用油は燃料や商品に 
●廃材から商品を作る ~おしゃれなデザインを買うエコな消費者 
●人間関係も環境と考える ~廃校文化祭と、寺を活用した無料塾 
●ジャマなものを活用する ~北国発の雪冷房と、過疎村の間伐材 
●商品の素材を変える ~石や竹でも紙は作れる 
●学びを遊びにする ~みんなでエコ知識を競い合えるゲーム 
●ゴミ拾いをスポーツにする ~チームでやれば楽しくなる仕組み 
●個人の旅を社会化する ~バイオ燃料と、限界集落の知恵 
●環境を守れる商品を選ぶ ~好きなものを買うだけでできる寄付 

第3章 福祉 
●障がいは環境にある ~少数派の当事者だからできるバリアフリー 
●当事者の価値を知る ~社会的関心と仕事を生む商品化 
●固有の価値に気づく ~自分の仕事を自分で作る障がい者たち 
●手話を公用語にする ~ろう者と聴者の壁をなくす方法 
●同じ苦しみを分かち合う ~体への関心が精神病でも幸せになれる早道 
●おしゃれにする ~どんなものでもステキに変えるデザインの力 
●アートの力を借りる ~マスメディアが報じないところにある価値 
●役割を作り出す ~当事者の価値から生み出せる仕事 

第4章 途上国支援 
●SNSを活用する ~全国から1万冊の本を集めた高校生 
●地元の人の協力を得る ~飲食店の水を募金に変えた女子高生 
●楽しいイベントを作る ~大学生でも建設できる途上国の学校・病院 
●フェアトレードを選ぶ ~生産地と消費地の子どもが救われるチョコ 
●化粧で自尊心を取り戻す ~途上国や被災地の女性たちにコスメを 
●現地産で商品を作る ~南海の島からアフリカの人まで救える消費者 

第5章 被災者支援 
●仲間を誘う ~100万円以上を寄付した高校生 
●寄付を集める ~中高生に参考書を贈る大学生たち 
●新商品を開発する ~復興girls*と、女川カレー 
●復興を楽しむ ~気仙沼から日本を元気にする非営利アイドル 
●被災者と全国の支援者をつなぐ ~ぞうきん作りと、癒しのプロ 
●仕事で貢献する ~作品とスキルを提供したマンガ家たち 

第6章 脱原発 
●デモの効果を最大化する ~行けない人を日常的に味方にする発想 
●報道価値をふまえる ~マスメディアを味方にする広報戦略 
●不買運動を広げる ~原発で儲ける企業グループの商品をボイコット 
●脱原発の市場を活性化させる ~省電力・非電化・自家発電で変わる世界 
●原発容認派を落選させる ~立候補者たちへのインタビューを公開 
●上映会を開催する ~代替エネルギーを紹介した映画『第4の革命』 

第7章 ソーシャルビジネス 
●なければ作る ~格安のかつらで闘病者の自由を守るPeer 
●当事者負担を0円にする ~手話通訳を社会に広めるShuR 
●みんなの困りごととリンクさせる ~ホームレスを自立させるHomedoor 
●職業技術を教える ~ネイルサロンで難民の自立を助けるArusha 
●ふつうの女の子に共感される ~カワイイを社会へつなぐOver the Rainbow 
●不当なガマンに気づく ~トイレの位置をネット上で共有するCheck 
●経費0円で発想する ~27都道府県で開催した社会起業支援サミット 



 現時点(6月17日現在)では、まだ再校ゲラを戻した段階です(※下記の画像)。
 7月10日の販売は決定しているので、お早めにご予約ください。

写真_convert_20130617200140

 なお、この本の印税の一部(※本体価格の1%程度)は、3・11の被災地の子どもたちを支援する「ハタチ基金」に寄付されます。

 ちなみに、ソーシャルビジネス、ソーシャルデザインなどをテーマにイベントを開催したい方は、お気軽にお声かけてください。

★今一生への講演依頼

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■講師が全員「社会起業家」の講義録に関心のある方は、こちら
■NPOと協働してビジネスを活性化したい企業経営者は、こちら

■社会問題を取材する人に経費を補助する基金に関心ある方は、こちら
■本の出版を考えている個人・法人の方は、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」を押していただけるとうれしいです!

■被災体験記集『子どもたちの3・11』の目次&表紙を公開!(3・27全国の書店で発売決定)


 岩手・宮城・福島・茨城の「被災4県」の10代(10~19才)が書いた被災体験記集『子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない』(学事出版/Create Media編/1575円税込み)の表紙(※ほぼ決定)を下記に紹介します。

a_convert_20120310003216.jpg

 目次は、以下の通りです。


『子どもたちの3・11 東日本大震災を忘れない』 目次

はじめに~被災地は今日も「有事」

岩手県からの声
●見渡せば、がれきの海だ
●初めて命に終わりが来ることを知りました
●悲しみを押し殺していたんだ
●「気合いと根性」の文字
●耳をふさぎ込みたくなるようなこと
●錆びない丈夫なナイフを作りたい
●祖父との約束
●「がんばらなくてもいい。1日1日生きていればいいから」
●復興地へ
●「あなたが生きていてくれてよかった」と言ってあげて

コラム☆被災者にあなたができること(1)
10代でもできる復興支援~持続的なプロジェクトへ

宮城県からの声
●中学校のまわりは湖に
●クラスの子が津波で亡くなった。自分を責め続けた
●また、あの土地で笑って生活したい
●大好きないくちゃん
●海に行きたくない
●「震災に勝った」と胸を張って言える町に
●知識や技術を学び、港で少しでも貢献したい
●進んで行動できるように変わった

コラム☆被災者にあなたができること(2)
被災地のNPOを応援しよう

福島県からの声
●原発事故で自分の家に入れない
●家で好きなことを自由にやってる人がうらやましい
●自分の家で生活することがどれほど幸せなことか
●ストレスや恐怖をすべてゲームでごまかして
●学校に行きたくても行けなかった人たち
●みんな岡山にひなんしてきて
●放射能は不安だけど、仲間といたい
●不安が募るばかりで、気が休まる時が無かった
●死んだほうが楽と考えてしまった
●3月11日以来、会っていない友だちがいる
●AKB48の『誰かのために』を聴いて元気を出してます
●ピンセットでは抜けないガラス片
●地震の恐怖と津波の脅威を忘れてはいけない
●国はなぜ真実を話してくれないの?
●死体安置所で母親らしき写真を見つけてしまった
●がんばっている人が忘れ去られてしまわないように
●震災のおかげで会うことができた人々
●世界的に有名になった今こそ発展のチャンス
●「FUKUSHIMA」を良いイメージへ変えていこう
●「いわきから来ました」

コラム☆被災者にあなたができること(3)
映画『手の中の武器』の上映会を開こう

茨城県からの声
●わたしが生まれてから一番こわいと思ったこと
●神様からの命の課題
●「お母さん、死んじゃったよ」
●想定外の帰り道
●近所のコミュ二ティの力
●人と力を合わせられる日本に生まれてよかった

コラム☆被災者にあなたができること(4)
被災者の声を聞こう~あなたの街で、講演を


 既に購入予約が始まっており、予約されると今月末頃から配本されます。
 予約された方には、1冊から送料無料で配送しています。
(※防災教育の教材など学校で大量購される際は、割引もあり)

 購入予約の手続きは、このブログ記事をご参照ください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。