All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■公式ブログを移転しました


 ごらんのブログから、「今一生のブログ」(←クリック)へ移転しました。
 
スポンサーサイト

■自著本の印税から寄付しました(証拠写真) Part3 ~親元で暮らせない「自立援助ホーム」編


 2010年、『日本一醜い親への手紙 厳選100通版』(ノンカフェブックス)と、『パパとママからのラブレター』(同)という本を企画・編集しました。

 『日本一醜い親への手紙 厳選版100通』とは、1997-1998年にメディアワークスから出版した本のアンソロジーで、親から虐待された人たち100人分の体験記を収録した復刻版です。

 『パパとママからのラブレター』とは、子どもを生む前からの夫婦の物語を語ったもので、「どんな人も愛から生まれてきたんだ…」という気持ちにさせられる珠玉の手紙集です。

nihon 1102952287.jpg


 この2冊の本の印税(定価の15%)のうちの10%を、千葉県君津市にある自立援助ホーム「人力舎」に寄付すると当初から申し上げておきました。

 版元は神戸の小さな出版社ノンカフェブックスですが、この5年間で2冊合計で2400部を売ることができました。

●日本一~  1400部×定価1300円×印税率15%×寄付率10%=2万7300円
●パパママ~ 1000部×定価1300円×印税率15%×寄付率10%=1万9500円


 そして、この総額4万6800円を、今年2015年7月に振り込み、今日(8月27日)、「人力舎」を訪れ、領収書をいただきました。
 5年前はNPO法人として運営されていた同ホームは現在、社会福祉法人生活クラブという組織で運営されています。

ryoushusho001_convert_20150827201837.jpg


 自立援助ホームとは、義務教育終了後の15歳から20歳までの家庭がない児童や、家庭にいることができない児童が入所して自立を目指す民間の施設です。

 民間施設である自立援助ホームでは、10代でも家賃を負担する必要があるため、多くは昼間にアルバイトをかけもちし、夜間部の高校に通う生活をしています。
 こうした民間の施設は、NPO法人や社会福祉法人などの非営利事業団体によって運営されています。

 しかし、資金や人員(スタッフ)不足のところもあれば、夜間部の高校生をバイトとして雇える会社が地域に少ない土地もあり、自立援助ホームの運営は大変です。
 公式サイトで日用品などの支援を求めている団体も珍しくありません。

 なにしろ、ここに住まなければならないのは、親から虐待されたり、親が失踪してしまったり、親がいなかったりなど、さまざまな事情で親元で暮らせず、塾や通信添削、進学費などの教育投資を誰からも受けられないでいる10代後半の子たちです。

 スタッフは親の代わりとして子どもたちから精神的なよりどころを求められますし、地域の不良たちからの勧誘から守る必要も生じたり、暴力的な親から守るために偽名を使う子もいるぐらいです。

 そうした大変な仕事であるため、スタッフを調達するのも難しく、つぶれるホームもあれば、定員まで子どもを受け入れるのを拒否するホーム運営者もあるほどです。

 そこで暮らす子ども側も、18歳で高校を卒業できたとしても、就職先として正社員になれる子は少なく、バイトを掛け持ちして生きていく大変さを負うことが多いんですね。

 また、高卒後も、専門学校や大学などへ進学できる学費や教育投資が調達できないため、バイトばかりの低収入のまま、孤立した暮らしを続ける子がどうしても多くなってしまい、それが時には挫折の要因になることもあるようです。

 「人力舎」では、5年前に施設長だった高橋克己さん(下記写真:右)と会い、寄付金の領収書をいただきました。
(注:この寄付については、弁護士の紀藤正樹さんに監修・協力を仰ぎました。紀藤さん、ありがとうございます!)

 高橋さんは今、生活クラブの一員として、ホーム長を担っています。

issho_convert_20150827211656.jpg


 高橋さんによると、人力舎でも、東京のセカンドハーベストの協力でフードバンクによる食品の提供を受けているそうです。
 これにより、施設や子どもたちは食費を浮かす一助となります。

 また、ホームの家屋も、地域にあったものをコンバージョンし、部屋を増改築し、現在は5人の子が暮らしてるそうです。

 こうした現状を目の当たりにして、僕は2つの課題があると考えました。

 一つは、夜間部の高校での進路指導で、東大卒より中卒が年収が高くなる方法を教えていないこと。
 実際、日本で一番平均年収が高い東大卒でも、その額面は830万円程度です。
 もし15歳で全国チェーンのラーメン店で働き始めると、30歳を過ぎたあたりで店長クラスになり、年収は1000万円を超えます。

 ところが、そうした現実を知らず、地域にある町工場ぐらいしか中卒や高卒の就職先が無いかのように思い込んでる高校教師は珍しくありません。
 教師たちは全員、大卒ですから、中卒や高卒が大卒の年収を上回れるチャンスがどこにあるのかを本気で調べないのです。

  もう一つは、少ないバイト先を地域の10代と奪い合うのではなく、自分たちで自分たちのしたい仕事を作れる人材に育てる(=起業家としての経験・教育のチャンスを提供する)必要性です。

 この2つの課題について、今後、どんどん取材・執筆・書籍化していく必要があるような気がしてきました。

 高齢者や障害者の福祉は、その該当者が有権者であるため、権利主張することで税金による支援を調達できます。

 しかし、児童福祉は、該当者が未成年であるため、政治的解決が本当に難しいので、民間団体による支援か、当事者である子ども自身による自力解決しか、自分の人生の希望を作り出すことができません。

 児童福祉の業界は、今なお、福祉に携わる大人の人材のスキルアップや境遇改善にエネルギーと資金が投入されています。

 しかし、10代の当事者の子どもにとって、そうした福祉のあり方が満足度の高いものであるかどうかと問えば、「高い」とはとても言えない状況でしょう。

 「親の代わりに育ててもらってありがとう」の気持ちを抱いても、ホームから去るしかない20歳以後の人生は不安に満ちています。
 それは、ソーシャルデザインやソーシャルビジネスを活かすチャンスが潜在的に大きいことを意味しています。

 自分の人生をもっと満足度の高いものに変えるためにも、社会をより良いものへ変える仕事や仕組みが必要になります。
 その一助としては、『よのなかを変える技術 14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)という本が役立つかもしれません。

 もっとも、「東大卒より稼ぐためのキャリア」と「10代でも稼げる技術」については、さらに詳細な事例とノウハウを紹介した本を作る必要がありそうです。

 福祉や教育、ソーシャルデザインやビジネスに関する雑誌・新聞・オンラインメディア・企業広報誌などで、この2つの課題を解決するための事例とノウハウについて連載できる媒体を探しています。

 あるいは、テレビやラジオでもレギュラー枠として「10代でも稼ぐ」をテーマにした番組を担当させてもらえれば、うれしいです。

 もし、あなたの友人・知人に新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどでお仕事を去れている方がいらっしゃいましたら、ぜひこのブログ記事をお勧めください。

 また、いま働いている会社の社内報や企業広報誌で、親元で暮らせない事情をもつ10代の子を救える記事を連載できるチャンスがあるなら、ぜひ僕にご紹介ください(メールはこちらまで)。

 よのなかには、10代でも自分で仕事を作ったり、会社を設立したり、自営業者になる子も全国に続々と現れています。
 彼らは必ずしも裕福な家の子ではありませんし、小・中学校もまともに行っていない子も少なくありません。

 でも、そうした子どもの最先端事情を報じるメディアは少なく、ネットで有名になる具合です。
 また、公教育で「稼ぐ技術」を実践的に教えられる機会は、商業科などの「普通科ではない」高校のみです。

 こうした事情に照らせば、親元で暮らせない子どもが、低賃金のバイトだけで暮らしていくハンデを一生背負い続ける現実を変えるために、彼らに「稼ぐ技術」をみっちり教えられるチャンスを作り出し、やる気さえあれば、親がいなくてもちゃんと人並に食べていけるし、結婚もできるという希望をもてるよのなかにするのが、大人の役割ではないでしょうか?

 彼らに親はいないかもしれません。
 でも、大人は全員、彼らの親になれるのです。
 有名人も、会社社長も、大学生も、ニートも、主婦も、誰もが、彼らの親になれると思うのです。

 なお、『日本一醜い親への手紙 厳選版100通』『パパとママからのラブレター』は、今も買うことができ、買えば買うほど自立援助ホームを応援できます。




 上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■日本財団でソーシャルデザインについて講義してきました ~全国からの依頼を歓迎!


 8月14日、日本財団でNPOを対象にした「1日限りのサマースクール」が開催されました。
 その詳細レポートは、このサイトにあります。
E382B5E3839EE383BCE382B9E382AFE383BCE383ABEFBC92.jpg

 僕(今一生)はこのスクールで、「社会的弱者と一緒にかせぐ仕組み~当事者固有の価値で、支援から協働へ」という講義を担当しました。

 NPOなどの非営利活動法人は、とかく寄付金や助成金など「他人の金」を調達して活動経費を賄おうとしがちですが、彼らが支援している社会的弱者自身があらかじめ持っている「当事者固有の価値」を発見すれば、その価値を活用してみんなで稼ぎ出せるという事例を紹介しました。
E4BB8AE4B880E7949FE38195E38293.png

 この講義の全貌はネットでは公開しませんが、講義で使った資料の一部を下記に紹介します。
 これは、よのなかの仕組みを民間で変えるソーシャルデザインの基本的な考え方を示した図です。

002social.jpg

 ソーシャルデザインによる社会変革は、従来の発想とは大きく異なる点が多いので、学校の授業や自治体の講演などで説明する際には、早稲田大学で講義した際の動画もご覧ください。

 ちなみに、日本財団では、2013年にCANPAN・NPO連続セミナーの一環として、「広報戦略・取材される技術(基礎編・実践編)~これからのソーシャル分野の広報戦略」という講義も行いました。

 ソーシャルデザインや社会起業、広報戦略などに関する講義・講演・イベント出演などのお問い合わせ・ご相談は、このサイト(←クリック)まで。
 Skype(スカイプ)による格安講演も承っております。




 上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■8月14日(金)、東京にいるなら日本財団ビルでNPOのスキルアップを ~全部受講でも3000円


 日本財団CANPANプロジェクトが、NPO活動におけるさまざまなスキルを向上させるために、格安のセミナーを開催します。
 僕も、夕方の部で講師として参加します。

●日時:2015年8月14日(金)14:30~21:00(開場14:15)
●場所:日本財団ビル2階会議室
●対象:NPO、ボランティア、プロボノ、中間支援組織関係者など
●定員:100名
●参加費:午後の部 2,000円(14:40~17:35)
      夕方の部 2,000円(17:35~21:00)
      ALLセット 3,000円(すべて参加可)
      ※事前申し込み・キャンセル不可
      ※午後の部、夕方の部ともに、交流タイムに参加可能です。
      ※交流タイムでは、スワンベーカリーのパンを食べながらの交流となります。
●申し込み:http://canpan20150814.peatix.com/
 ※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
●詳細:http://blog.canpan.info/cpforum/archive/315
●チケットに関するお問い合わせ:Peatixコールセンター TEL 0120-777-581 (AM10:00-PM6:00)
●お問合せ先:日本財団CANPANプロジェクト 山田泰久(やまだやすひさ) ya_yamada@canpan.jp

design20(81).png


 このサマー・セミナーの講師はみな、一線で活躍してる優秀な方ばかり。

A-1 コミュニティ社会構想 ~「つながり」と「コミュニティ」がもたらす様々な効果と未来への提言
 講師:呉 哲煥さん(NPO法人CRファクトリー代表理事)

A-2 非営利組織の「コンセプト」のつくり方(仮)
 講師:天田幸宏さん(NPO法人企画のたまご屋さん事務局長)

A-3 NPOのためのWeb・ソーシャルメディアのマーケティング戦略
 講師:加藤 たけしさん(NPO法人ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京) パートナー)

B-1 ボランティアスタッフが自律的に活動する仕組みづくり NECワーキングマザーサロンの実践から
 講師:林 理恵さん(NPO法人マドレボニータ理事)

B-2 NPOの新しい展開 「情報発信」から「対話と多様性」へ
 講師:松原 朋子さん(設樂剛事務所)

B-3 ニーズをカタチにするために助成金をどう活用するか ~トヨタ財団国内助成プログラム助成金セミナー
 講師:担当プログラムオフィサー(トヨタ財団)
 
C-1 飛躍・成長するNPOの「ステークホルダーとの生態系・コミュニティ形成」
 講師:五井渕 利明さん(NPO法人CRファクトリー 事業部長)

C-2 NPO活動のお悩み解決ワークショップ  ~ みんなで集まれば「文殊の知恵」
 講師:十返 文子さん(日本PMO協会 事務局長)

C-3 NPO戦国時代~アイドルから学ぶNPOが勝ち抜く方法
 講師:河内山 信一さん(株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ 代表取締役/准認定ファンドレイザー)

D-1 自団体のマーケティング力を知る! ~『マーケティング評価シート』を活用した自己分析のススメ
 講師:長浜 洋二さん(NPOマーケティング研究所代表)

D-2「社会的弱者」と一緒にかせぐ仕組み ~当事者固有の価値で、支援から協働へ
 講師:今 一生(ライター・編集者)

D-3 NPOのファンドレイジングに使える「営業のノウハウ」
 講師:宮本 聡さん(営業コンサルタント/ファンドレイジングアドバイザー/一般財団法人ジャパンギビング 事務局次長)


 さて、この格安のセミナーに、僕からの推薦で2名様まで無料で参加できます。

 NPO活動をしている方(※法人化以前も可)で参加したい方は、8月10日までにフルネームと活動内容を添えて僕までメールください。
 活動内容をふまえ、2名を選んでご招待します(※すべての時間帯を受講する必要はありません→時間割)。

 当日、僕の講義(PM6:50~7:50)を三脚付きのカメラでビデオ撮影をしてくださる方は、優先的にご招待します。




 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。
 ■『絶歌』の著者を酒鬼薔薇聖斗「本人」と盲信する集団ヒステリーを終わらせよう!
 ■『絶歌』(太田出版)への出版差し止め・回収を問い合わせる窓口
 ■「酒鬼薔薇聖斗が書いた本」の著者が身元不明であることが確定された件(ツイキャス動画)
 ■「酒鬼薔薇聖斗の書いた本」が作る、新たな悲劇の始まりの予感 ~著者の身元の「証拠なし」が確定
 ■著者が「酒鬼薔薇聖斗」である確証を出版社が出さない時点では、本の内容の真偽も不明
 ■ソーシャルデザインの担い手たちの語りを動画で観よう ~6・3新宿ロフトプラスワン イベント
 ■ライターのギャラを安いままにしてると困るのはサイト運営者 ~金で無い価値に気づけ!
 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に毎月20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

■NPO向けにソーシャルデザインの成功報酬型コンサル業務を本格化!?


ソーシャルデザインやソーシャルビジネスのコンサル、やろうかなぁ。もっと売上を伸ばせる事業に成長できる団体は多いし、商品やサービスの開発や外部との連携が弱いためにせっかくのリソースが活かされてない団体も少なくないし。団体の規模によって初期...

Posted by 今 一生 on 2015年5月28日


 上記のように、Facebookに書いてみたら、予想以上に歓迎的なリアクションが届いて、ビックリしてる。

 NPO法人ファザーリング・ジャパンの代表理事・安藤さんからは、「今度ラジオでその話も」とレスをいただいたので、6月10日にFM西東京(84.2MHz)の番組『ファザーリング・ラジオ』に収録出演する時まで、具体的な話ができるようにしようかなぁ。

 「きちんとビジネス化しないと、後進が育ちませんよ!」と応援してくれる方もいれば、「今さんのように本気で取り組む方に弊社も依頼したいです」とおっしゃってくださる方もいて、そろそろ本気を出してやってみようかという気持ちになってます。

 実は、これまでも、「廃棄する英字新聞で商品化したいのだけど、作業を担ってくれるよう障がい者福祉作業所にお願いしてもなかなか受け入れてくれない」とnpo法人Newsed Projectの青山さんに相談され、木更津で障がい者の工賃アップを意欲的にやっている作業所hanaを経営する筒井さんを紹介して、実際に紙バッグを商品化して工賃アップに寄与したことがある。
hana1_1.jpg

 このような事例は少なからずあるのだが、それができたのは、僕には、福祉やエコ、子育てやLGBTなどのジャンルに関係なく、さまざまな社会的課題に取り組む志の高い全国の社会起業家をここ10年で精力的に取材してきた蓄積があったから。

 実際、僕は経産省より早く、また彼らより圧倒的に情報の多い「47都道府県別・社会起業家リンク集」を作ったし、2007年には東京大学でも初めての試みとして年間を通してソーシャルビジネスの自主ゼミを行った(無料で誰でも参加できるゼミだ)。

 2008-2010年にはそれぞれ地元の社会起業家10団体を地元の大学でプレゼンしてもらう「社会起業支援サミット」を開催経費0円で27都道府県(日本の半分以上のエリア)という広範囲で実現させるなど、ソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスの分野の書き手では一番、その担い手たちとの交際範囲が広いんじゃないかという自負がある。

 そうした出会いのほんの一部は、『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)や『ソーシャルデザイン50の方法』(中公新書ラクレ)、『よのなかを変える技術』(河出書房新社)などの本に収録してきたわけだけど、こうした優秀かつ志の高い人的リソースに出会いの場を作り出すだけでも、双方にメリットのあるイノベーションや事業、商品・サービスを生み出せる可能性は高いだろう。

 これまでは、そうしたマッチングをたまたま相談された際に手弁当でやってきたわけだけど、もっと戦略的かつ機動的に進めていくには、やはりビジネスとして取り組む必要は感じている。

 ただし、通常のコンサル業務とは違って、ソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスの成果は売上アップだけでは成功とは言えない。

 あくまでも、僕の提案する商品・サービスや仕事の仕組みが、社会的課題に対して精度の高い解決の姿にならなければ意味がないし、そのためにはソーシャルデザインのクライアント(顧客)になるNPOなどに対して、人材・資金・ノウハウなどさまざまなリソースを無理なく調達できるところまで導線を引く手間がかかる。

 それはこちらの収益を確保する以前に、顧客になるNPOの代表やスタッフの本気度や覚悟を問うことになる。

 なぜなら、多くのNPOが食えない背景には、彼らが救うはずの被支援者との関係が手薄で、NPOのスタッフ自身が経済的にも精神的にも疲弊している現実があるからだ。

 そうした事情のために、被支援者があらかじめ持っている「当事者固有の価値」という魅力が不明瞭である場合、NPOのスタッフ自身のコミュニケーションレベルを上げるための試行錯誤が必要になるし、被支援者から「当事者固有の価値」を掘り起こすのに十分な時間と労力も必要不可欠になる。

 一つの商品・サービスを開発するにも、それが課題解決に確かにつながる仕組みも同時に考えなければならず、それはNPOの団体にあらかじめあるリソースではまったく足りないことはざらにある。

 しかも、自営業すら経験したことが無い人に、商売のイロハや広報戦略、販路拡大の交渉なども含めて責任をもってコンサル業務を請け負うとなると、コンサルフィーの値付けが本当に難しい。

 実際、初期費用を潤沢に出せるNPOなど少ないので、コンサルは成功報酬型にならざるを得ないし、ビジネスの持続可能性を考えれば、3年契約でもこちらの資金回収が難しい可能性を、僕自身が覚悟しなくてはならないだろう。

 それでも、そうした不安を取り除ける仕組みを作り出すのを前提に、NPOそれぞれがもっている良いところを拡張させ、課題解決を望む当事者にとって満足度の高い商品・サービスやワークスタイルなどを生み出していける人材はそう多くは無いので、低予算でもソーシャルデザインのコンサルを仕事として成立させられる仕組みを考え抜こうと思う。

 今までも「社会貢献活動を始めたい方へ」というサイトで単発の相談業務には応じてきたが、遅かれ早かれ、新たに総合コンサルティング用の受注サイトを作ることになるだろう。

 こうしたニーズは、東京だけでなく、地方ほど強いかもしれない。

 僕のコンサルによって、課題解決につながる商品・サービス、あるいは解決の仕組みそのものを作り出したいと考えている方は、NPOでも、企業でも、法人化前の個人事業主でも、気軽に不肖・今一生メールで相談案件を送ってほしい。

 具体的な案件がある方が、ケース・バイ・ケースで値付けがしやすいし、交渉の余地が見えるからだ。
 現金だけでなく、「お金にとって代わる価値」をコンサルサービスの対価にできるよう、こちらもいろいろ考えたい。
 それが、大手広告代理店やビジネスコンサルには相手にされないNPOにとって活路になると思う。

 できれば、インターネットの無料通話ソフト(アプリ)Skypeを利用できる環境を整えてもらえると、お互いに電話代を気にせずにやりとりできる。

 では、続報をお楽しみに!


 さて、今より生きやすい「よのなかの仕組み」を作り出すソーシャルデザインについて、もっと知りたい方は、以下のイベントに足を運んでほしい。

 どれも予約が始まっているので、お早めにチェックしてね!

■6・3夜 新宿で宮台真司さんとソーシャルデザイン(←クリック)
6-3miyadai-ok.jpg
 6月3日(水) 開場 PM6:30 開演 PM7:30~PM11:00/新宿・歌舞伎町ロフトプラスワン
(※子育てと仕事の両立、動物殺処分ゼロ、途上国支援などに取り組む団体が大集合!)


■6・12夜 ソーシャルデザイン白熱教室@早大 ~誰でも無料 (←クリック)
waseda-con.jpg
 6月12日(金)開演PM7:00-9:00/早稲田大学 早稲田キャンパス3号館405教室
(※よのなかの仕組みを変えるソーシャルデザインや社会起業について超わかりやすく講義)


■7・7夜 大阪でソーシャルデザイン「よのなかを変える人たち」(←クリック)
7-7west.jpg
 7月7日(火) 開場 PM6:30 開演 PM7:30~PM10:30/大阪ミナミ ロフトプラスワンWEST
(※Googleに日本一に認められたホームレス支援、LGBT、動物殺処分ゼロなどの団体が集合)


 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。

 ■気分はもう、戦争。 ~きみの作法は、きみ自身を生きやすくしているか?
 ■第5の虐待「文化的虐待」について本に書きたい ~書籍編集者を公募します!
 ■平和とは「関係」のこと ~「自分だけ良ければ」を主張するほど日本は小国じゃない
 ■『よのなかを変える技術』の目次を発表 ~14歳から読めるソーシャルデザイン入門書
 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

■NPO活動に月収20万円程度の資金を調達したいなら、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。