All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ソーシャルデザインを学べるイベントを、あなたの町で ~開催方法の相談にのります!


 今年4月22日に『よのなかを変える技術』(河出書房新社)という新刊本を出します。

 14歳の中学生を対象に、ソーシャルデザインをわかりやすく教える本です。
 もちろん、中学生以上なら、誰でもわかりやすく「よのなかを変える技術」を学べる本です。

 「社会のダメな仕組みは、デモや祈りだけでは変わらない」
 そう気づいた方に読んでほしいです。

 すでに、Amazonでは予約注文が始まっています。

 よのなかを変えるとは、あなたやあなたの仲間を苦しめる「よのなかの仕組み」を変えること。
 この仕組みを変えることを「デザインする」と言い換えれば、ソーシャルデザインの意味はピンとくるでしょう。

 実際、政治に法律や制度の改正を求めても、何十年も年月がかかるような社会問題はたくさんあって、それぞれの問題の背景には、必ず誰かを苦しめる「よのなかの仕組み」が存在します。

 「イジメはかかわると面倒だ」という思い込み。
 「親の所得で子どもの学歴がほぼ決まる」という教育市場の傾向。
 「受験偏差値の高い大学の卒業生を優先的に雇用する」という人事採用の基準。
 「家出や売春をするような子は不良で、努力してない」という偏見。
 「公衆トイレは男女で同じ床面積だから平等」という習慣。
 「制服を着用して登校しなければならない」という校則。
 「同性愛者どうしの結婚は許さない」という法律。
 …など。

 こうした「よのなかの仕組み」を根本的にひっくり返し、生きやすい社会に新しい解決モデルと価値観を作り出すことが、ソーシャルデザインの面白さです。

 昨今では、ソーシャルデザインを教える学校も増え、ネット上でも世界中にもソーシャルデザインの面白さに気づいた人が増え始めていますが、日本で知ってる人はまだ多くはありません。

 しかし、政治や行政が解決できずにいる社会的課題を、民間で市民自身が「よのなかの仕組み」を変えられる革新的な方法を生み出すことによって解決に導いている事例は、世界中で急増しています。

 貧困解決・障がい者福祉・地域活性化・途上国支援・多文化共生・動物福祉・戦争回避など、ソーシャルデザイン/ソーシャルビジネスの解決対象になる社会的課題は広範囲にわたります。

 もう、政治家や役人によのなかの仕組みを作ることを任せたり、文句や批評をしているばかりでは、らちがあかない時代になっているんですね。

 そこで、『よのなかを変える技術』の発売のプロモーションを兼ねて、ソーシャルデザイン、そしてソーシャルビジネス(社会起業)について実例を交えながら紹介し、よのなかを変える技術について講義するイベントを全国各地で展開したいと考えました。


■ソーシャルデザインを学べるイベントを、あなたも開催してみませんか?

 『社会起業家に学べ!』(アスキー新書)や『ソーシャルデザイン50の方法』(中公新書ラクレ)などの著者である不肖・今一生を、あなたの住む町に呼んでみませんか?
(※今一生の詳細なプロフィールは、コチラ

 2015年7月末日までの期間限定の新刊発売記念プロモーションとして、「講演謝礼3万円+往復交通費」(※宿泊費がかかる場合は別途5000円を加算)の安価で、あなたの町に飛んでいきます。

 交通費は、Yahoo!路線で「五井駅」とあなたの町の講演会場の最寄駅で試算してみてください。
 ちなみに、東京都内の場合、往復で3000円程度。
 大阪の場合、往復で約3万円。
 札幌の場合、往復で約5万円(※Yahoo!路線の「料金の安い順」を参照)。
 鹿児島の場合、往復で約8万円。

 たとえば、鹿児島の場合、謝礼3万円+交通費8万円+宿泊費5000円=約11万5000円。
 ただし、地元で往復チケットを格安チケット販売所などで先に手配して郵送してもらえれば、もっと安くできます。

 もっとも、約12万円の経費をどう調達すればいいかについては、 メール(←クリック)で相談にのります。

 所属する大学の中で学内イベントを運営している先生に相談すれば、学内の予算から出してくれることもあります。
 あるいは、公民館などの施設を借りて、2000円ほどの入場料で60名ほど集客すれば賄えますね。

 100名ほど入るカフェなら、500円の1ドリンク込みで2000円に設定すれば、80名ほど動員すればトントンになります。
 2回のトークライブに分けて、1回あたり40名ほど動員すれば、無理なく集められるでしょう。

 高校や専門学校など学校が主催する場合、近隣の学校と合同もしくは1日に両校のダブルヘッダーで開催することで、1学校あたりの負担を半減できます。

 講義だけでなく、参加者を交えてのワークショップ形式や議論など、内容も一緒に決めましょう。
 あるいは、そちらの地元の有名人との対談や、学生たちとのシンポジウムなどでもOK。

 関東なら、謝礼3万円+交通費約1万円=約4万円で開催可能になるため、入場料1000円で40人ほど集めれば成立しますし、赤字も大して出ないはずです。
 学内の年次予算内でも収まる額面でしょう。

 イベントの集客・広報についても相談にのりますし、2万6000人以上のフォロワーがいるtwitterやこのブログ記事などでも情報を拡散し、参加者動員のお手伝いもしますので、イベントを初めて開催する方でも安心です。

 以下の方は、お早めにお問い合わせ(←クリック)ください(※今一生へ直接届きます)。

★より多くの地元市民を集めて社会的課題の解決活動に参加させたいNPO
★新入生歓迎イベントにソーシャルデザインの講義で新入生をより多く集めたい学生サークル
★ソーシャルデザインの基礎的な発想と実例を学生・市民などに教えたい学校・自治体・青年会議所
★中高生にソーシャルデザインを教える教師向けに研修を提供したい教職員組合・教育委員会など
★通常イベントを開催しているライブカフェやシェアハウス、セミナールーム、研修事業団体など
★その他、社会的課題に苦しんでる当事者のニーズに基づいた解決モデルを一緒に考えたい方


表1カバー見本


 通常の講演会については、このページをご覧ください。
 ソーシャルデザインだけでなく、法人向け広報戦略などさまざまなテーマで受注しています。


 なお、上記の記事の感想は、僕のtwitterアカウントをフォローした上でお気軽にお寄せください。

●ソーシャルデザインや社会貢献の活動や事業を取材してほしい方は、この記事を読んでください。

●このブログで100人以上がtwitterで拡散した最近の記事は、以下の通り。

 ■1週間の入院で僕も考えた ~誰かと共に暮らすために必要な自分の価値
 ■「助けてあげるよ」と言い寄ってこられたら、あなたは?
 ■自殺防止の番組で、自殺したくなくなった?
 ■15歳で文化を仕分けされる日本人



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■本の商業出版を考えている個人・法人の方は、こちら(※もうすぐ〆きります)

■会社に雇われない働き方について相談したい方は、こちら

 共感していただけましたら、「ツィート」「いいね!」をポチッと押していただければ…

スポンサーサイト

■ニートたちが制作した映画を上映しよう!

 2008年、新潟のニートたちが集まって自主制作映画を作りました。
 それが、劇映画『マー君には夢がない』(※下記の映像は予告編)です。




 これはNPO『若ぇ衆ら』(わけぇしょら)の代表・鈴木貴之さんが企画し、
自らプロデューサとなって、地元のニート男性3人と一緒に制作したものです。

 絵が上手な人はカメラ(撮影)を担当し、音楽が好きな人には録音、
文章を書くのが好きな人は脚本を担当し、出演者も全員素人、ホームビデオで
撮影し、経費は3万円に抑えました。

 このドラマは、東京で起きた医師の一家の殺人事件が着想のヒントとなっており、
新潟ではテレビでも製作過程が報道され、現在、海外上映向けにニート自身による
翻訳作業が進められているとのことです。




 この映画製作をきっかけにして、制作に参加したニートたちに
地元の企業である釜飯魚料理店「ととや」が自社の広告映像の制作を
依頼、発注され、自社サイトにアップされています。




 プロの映像屋と違って、低予算ながらの味がありますね(笑)。
 プロと同じクオリティも大事ですが、広告効果のほうがもっと大事です。

 その点では、こうした映像が地元メディアやネットを通じて話題になる方が、
スポンサー企業に喜ばれることでしょう。
 これは、ニート経験のないプロの映像屋には出来ない芸当です。

 上の映像は、『若ぇ衆ら』が発展・解消する形で新設されたNPO法人「伴走舎」
窓口となって受注製作したものですが、「伴走舎」では1コイン(500円)で地元の
高齢者の御用聞きを請け負ったり、地元企業の農作物の販売代行なども始めており、
発達障害の青年も働きがいを感じているようです。




 広告の映像制作も御用聞きも、ニートが自立するための雇用体験として
試みられているため、安い値段で発注できるようになっているんですね。

 新潟におけるこうした先駆的なニート支援の試みや、支援されているニート自身の
手応えなどを知るには、映画や広告映像の上映にニート自身による講演会加えた
イベントをあなたの地元でも開催されるとよいでしょう。

 ニートやひきこもりの自立支援では、医者や支援者の話が多いですが、
失業や対人恐怖などで苦しんだ経験は当事者の資産であり、当事者自身が
「何が支援になったか」「どんな関わり方が立ち直るチャンスになったか」を
語るほうが説得力が有ります。

 そして、何よりも、ニートやひきこもりの若者にとって、
自分の苦しかった経験を話して資産に変えられることは、
生きていける勇気につながります。

 そこで、新潟在住のニート当事者による貴重な経験談が聞ける
講演+映画上映会イベント制作の予算を見積ると、次のようになります。

●映画『マー君には夢がない』+広告作品の上映料金:3万円
●ニートの講演ギャラ:3万円(※講演時間30~60分。税別)
●営業事務手数料:1万円
●ニートの往復交通費:Yahoo!路線情報を参照のこと(※新潟駅が始点・終点)。
○宿泊費:新潟駅まで日帰りできない場合のみ(※民泊・農泊も大歓迎)

 簡単にいえば、7万円+往復交通費(+宿泊費)のご負担で
ニート当事者の講演と映画上映があなたの町で実現できるのです!
(※別途、会場レンタル代、宣伝広告費は、ご負担ください)

 ざっくり経費が10万円ほどかかるとしても、1000円の入場料で100人動員でトントン。
 学校予算でお招きいただいてもいいですし、地元企業から協賛金を集めれば、無料入場でも可能でしょう。

 社会起業家を目指す若者や、社会貢献を実際に手がけてみたい方は、
このイベントの実現にぜひ挑戦してみてください!


【講演会付き映画上映会のご依頼フォーマット】

 下記にある記入事項をメール本文にコピーし、空欄を記入する形で申し込んでください。

□講演予定の日時:  年  月  日 午前・午後  時  分~  時  分
□講演者の会場入り時間:
□講演会場の地図(添付ファイルもしくは地図リンク):
□講演会場までの往復交通費:  円
□講演会場の名称と住所:
□講演会場の最寄駅:
□最寄駅から会場まで:徒歩・お出迎え・その他(                  )
□宿泊の必要:有・無
□宿泊施設のご提案(ホテル案内):
□講演の趣旨:
□出演スタイル:講演・対談・シンポジウム(座談会)・授業(講義)
□ご希望の演題:
□対象:学生・保護者・一般市民・教職員・その他(                 )
□一般人の聴衆参加:OK・NG
□聴衆の人数:
□会場の備品:マイク・ホワイトボード・パソコン(インターネット接続OK/NG)・プロジェクター・スクリーン
□主催者の団体名:
□責任者の方のお名前:
□責任者の電話番号:
□講演を告知する主催者のホームページのアドレス:
□講演料金:当日精算・後日振込
□印鑑持参の必要:有・無
□源泉徴収票の後日郵送:有・無
□講演を事前予告できるメディア:
□備考欄:


【お問い合わせ】

 この講演企画に関するご依頼・ご質問は、下記までメールを送ってください。
conisshow@gmail.com(Create Media内 今一生

■身の下から考えるユニバーサルデザイン ~車椅子ユーザの性とトイレ


 NPO法人 Noir(ノアール)は、身体障害者の「性の悩み」を解決する方法を模索している当事者支援団体です。
 代表理事は、1969年生まれの熊篠慶彦さん。
 彼自身、脳性マヒによる四肢痙性麻痺という重度の障害を抱えている当事者です。

 自身の体験を綴った書籍『たった5センチのハードル ―誰も語らなかった身体障害者のセックス』(ワニブックス)を刊行したり、身体障害者が安心して利用できるラブホテルや風俗店などを紹介した情報サイトを立ち上げたり、身体障害者の性に対して正面から向き合ったAV作品『障害者の性(SEX)』(MOODYZ)に出演するなど、精力的に活動を続けてきました。

kumashinobook

 2004年7月にNPO法人格を取得したノアールでは、身体障害者や介護者へ向けた性に関する相談や、オナホールなど自助具の改造も行い、月に1回のペースでイベントや勉強会を運営し、団体発足5周年を記念して身体障害者のセクシュアリティをテーマにした懸賞コンテストも開催。

 現在、熊篠さんは、「障害者の性」の中でも女性の境遇に関心をいだいています。

「女性の身体障害者が性欲を満たすことは男性よりも難しく、生理や排泄などデリケートな問題も存在する。今まで表面化に至っていないそれらの事実を、多くの方に知ってもらいたい」(熊篠さん/メンズサイゾーの記事より)


(※熊篠さんがホテルで歯磨きをする様子。ノワールのYoutubeチャンネルはこちら


 一方、車椅子ユーザにとって日常的な悩みは、「トイレ」です。

 旅行に行きたくても、初めて行く場所にはトイレがどこにあるかがわからず、尿漏れの不安があるから行かない。
あるいは、前の日から水分を摂取しないように努めて宿に着くまで我慢する…。

 そんな悩みを抱える障害者や高齢者の方々が気軽に外出できる社会を作り上げるため、全国のユニバーサルデザイン・トイレ(※多機能&多目的トイレ)の位置情報を精査し、ソーシャルマップとして公開しているのが、NPO法人 Check(チェック)。

 同法人は、ケータイ電話やパソコンを使えばいつでも最寄りのトイレの位置がわかるように、日本全国の多機能トイレ(車いす対応・ベビーシート対応マークのトイレ)情報を検索できるホームページ「Check A Toilet」を運営しています。

checksite

 同法人の代表理事・金子健二氏(30歳)は、こう言います。

「私は元々、旅行会社の営業マンとして車いすご利用の方や介護施設の方向けの旅行を担当していたんです。
 そうした旅の手配をする時、旅先で多機能トイレの場所を探すことがひと手間だったんですね。
 そこで会社を辞め、検索サイトを立ち上げると、全国の市民の方々から
地元のトイレの地図が登録され、09年末の段階で約3万点近くのトイレが、
現在地から見てどのあたりにあるかわかるようになっています」

kaneko(※金子氏)

 この「トイレマップ」はGoogle mapsにも活用されているため、住所や施設名、地名や駅名、郵便番号などに「トイレ」という一語を足して検索するだけで最寄りのトイレの位置が瞬時に地図上に表示されるようになっています。

 最近では、iPhoneアプリでも、自分の住むエリアの多機能トイレをチェックし、気軽におネット上に登録できるようになりました。

 このサービスのおかげで、車いすを常用する高齢者や障害者はもちろん、乳幼児を抱えて用を足す女性の方も気軽に外出しやすい「バリアフリー」の社会を作れるのです。

map


 高齢化が進む昨今、自治体や学校、地元のNPOなど組織単位で地元のトイレ情報を登録すれば、地元の高齢者や障害者が気兼ねなく外に出られるようになります。

 それだけでなく、混雑する女子トイレの問題解決にもつながるため、観光資源のある地域なら県外・国外からの旅行客を増やすのにも役立ちます。


 彼らには、障害者・高齢者などの車椅子ユーザの当事者ニーズに基づいた
支援ノウハウ
が豊富にあり、それは今後の日本のユニバーサルデザインの
商品やサービスを考えるうえで、貴重な資産です。

 そこで、NPO法人ノワール代表・熊篠氏と、NPO法人Check代表・金子氏の
講演を売り出すことにしました。

 両名の持つ経験とノウハウが多くの方に伝われば、
障害者・高齢者のためだけでなく、新しい福祉商品・サービスが生まれ、
地元の観光価値も高められたり、これまで見えなかった女性向け市場を見えてくるなど、
不況の地方都市を元気にするビジネスをたくさん生み出せるからです。

 演題は、
『身の下から考えるユニバーサルデザイン ~車椅子ユーザの性とトイレ』
 2人1組のセット講演と、どちらか1名の講演の二つのタイプを用意しました。

【2人1組の場合】
○講演謝礼:熊篠氏(8万円)+金子氏(8万円)=計16万円 ※所得税別
○講演ブッキング手数料:4万円 ※所得税別
○往復交通費:別途いただきます。
 Yahoo!路線情報を参照のこと(※東京駅が始点・終点となります)。
○宿泊費:東京駅まで日帰りできない場合のみご負担ください。

【1名のみの場合】
○講演謝礼:熊篠氏(8万円)もしくは金子氏(8万円)=計8万円 ※所得税別
○講演ブッキング手数料:2万円 ※所得税別
○往復交通費:別途いただきます。
 Yahoo!路線情報を参照のこと(※東京駅が始点・終点となります)。
○宿泊費:東京駅まで日帰りできない場合のみご負担ください。

 社会起業家を目指す若者や、社会貢献イベントを実際に手がけてみたい方は、
この講演会の実現にぜひ挑戦してみてください!

【ご依頼窓口・お問い合わせ】
conisshow@gmail.com(Create Media内 今一生

【講演会のご依頼フォーマット】
 下記にある記入事項をメール本文にコピーし、空欄を記入する形で
上記のメールアドレスまで申し込んでください。

□講演予定の日時:  年  月  日 午前・午後  時  分~  時  分
□講演者の会場入り時間:
□講演会場の地図(添付ファイルもしくは地図リンク):
□講演会場までの往復交通費:  円
□講演会場の名称と住所:
□講演会場の最寄駅:
□最寄駅から会場まで:徒歩・お出迎え・その他(                  )
□宿泊の必要:有・無
□宿泊施設のご提案(ホテル案内):
□講演の趣旨:
□出演スタイル:講演・対談・シンポジウム(座談会)・授業(講義)
□ご希望の演題:
□対象:学生・一般市民・教職員・その他(                 )
□一般人の聴衆参加:OK・NG
□聴衆の人数:
□会場の備品:マイク・ホワイトボード・パソコン(インターネット接続OK/NG)・プロジェクター・スクリーン
□主催者の団体名:
□責任者の方のお名前:
□責任者の電話番号:
□講演を告知する主催者のホームページのアドレス:
□講演料金:当日精算・後日振込
□領収書のための印鑑持参の必要:有・無
□源泉徴収票の後日郵送:有・無
□講演を事前予告できるメディア:
□備考・質問:





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。